ワンピースアレンジ。➡︎

胸元だけではなく、ウエスト周りにつけると、またグっと違う印象に。マグネットはお洋服の中に仕込んで、いろんな場所につけて楽しんでみてください。ウエストにつける時のポイントは、大きなお花を選んだり、複数つけて固まりにすることです(複数つける時は根元をずっと寄せて固まりにするところもポンとです)。お花部分の分量が大きいほど、ウエスト部分がすっきり見えます。写真のように、胸元とウエストは右左のバランスを考えて配置。お花の色は全体のトーンを揃えてバランスよく。お自分の体にお花を活ける感覚でつけてみてください。写真はどちらも同じネイビーのワンピース。同じワンピースが全く違った表情になります。

⬅︎ ストールのワンポイントにフルージュを。コートのようにストールを羽織り、リボンでウエストマーク。胸元には大ぶりのフルージュを。普段のストールが、ドラマチックチックに変身します。

 

お気に入りのネックレスも一緒にアレンジ。

➡︎ 帯留めにフルージュの重ねつけ♪

中心からちょっと外した位置に、しかも2つを写真のように斜めに配置すると、ウエストラインがほっそり見えますよ(^-^)

⬆︎  お顔周りにお花があると、印象が一気に華やかになります。

大人の女性がお花をエレガントにつけるポイントは顔の耳(耳の上のライン)から下につけること。

耳より上だとアイドルっぽく可愛い印象になるか、もしくはデザインによってはモード感強めにつけていただくこともできますが、'エレガントに♪'となると、耳の下あたりにonするのがオススメです。

また、後ろから(正確には斜め後ろ)だけではなくお顔正面から見た時も、ちょっと花びらが見えている状態がBest。

⬅︎ バックにシリコンマグネットを挟み込んでワンポイントに。

(バックの生地の厚みによってはマグネットではなく、下の写真のようにチャームに挟み込んむほうが向いている場合もございます。また満員電車なと人の多い場所では落下に注意して下さい。一度ご自分のバックでお試しになってからお使いください。)

➡︎ チャームに。

お持ちのチャームにシリコンマグネット挟み込むか、もしくはお花の裏側の台座にゴムやリボンを直接巻きつけて(シリコンラバーを使わずに)チャームとしてお使いいただくこともできます。お花の台座に巻きつけるのが強度が一番強くて安心です。

⬅︎ パーティーバックなどに挟むこむのはオススメ