クリップの上からストールを挟んだ状態でkufuをセットします。

この時、kufuのなだらかな部分(下の写真の赤い部分)を首側に持ってくると、綺麗に見えます。

さっくりと羽織ったストールの片側にクリップを挟みます。場所は鎖骨あたりが良いです。クリップの上から、反対側のストールをさらっと被せます。この時、ストールの生地を何枚も重ねると綺麗に見えないので、1枚をつまむ感じが素敵ですよ。