ランシャンデザインのオリジナルのブレスレットにBitを置いて。
肌に馴染むようなベージュ系の色のBitを選ぶと上品に、濃いめの色のBitを選ぶとピリッとしまった印象に。ブレスレットは胸元と違い、着けている自分も見て楽しめるもの。お気に入りのBitがあなたに力を与えてくれるかも♪
(磁力が強力なため、取る時はBItを滑らせて外してください。
How to movie参照)

BItをストールにつけてワンポイントのおしゃれに☆ これは京都の木々からインスピレーションを受けたもの。イチョウ形の紫檀の木材に、アンティークのガラス細工たちが踊ります。お花から香りがでているような余韻を残したくて、ミニビーズはイチョウからちょっとはみ出させ、細かな細工を施しました。

このBItもそうですが、コンヌ(バッファローの角)を使ったナチュラルな雰囲気のBitは、カーキやブラウンなどのナチュラルテイストのストールによく合います。気取らず自然体でいながらも、上質で文化的な雰囲気に☆

本物志向の大人シックを楽しんで♪

胸元のワンポイントには、お気に入りのBItを♪

写真は、FABIのネック(リボン側をフロントにして)に、BItをつけています。首回りのすっきりとしたニットやカットソーには、この付け方はオススメ。温感エコファーで首回りは暖かいし、中央に鎮座するBitで高級感もゲット。また中央に存在感のあるBitが来るので、視線がここに集中し、嬉しい小顔効果も。注意すべきは、BItの大きさ。リボンに挟んだシリコンクリップが見えないためにも、クリップが隠れる大きさのBItを選ぶのポイントです。ただ逆に、大きすぎると重たい印象になってしまうことも。そんな時は、右の写真のように中央から少し横にずらしてみてください。そうするとバランスが取れて、優雅な雰囲気を演出できますよ♪